馬頭琴・挖板タイプ

馬頭琴はモンゴルの伝統楽器で、日本の教科書に載っている「スーホの白い馬」という物語の中にも登場した楽器です。迫力のある音で草原のチェロとも呼ばれてます。当店が販売する馬頭琴はモンゴルのウランホト市を拠点とする「蒙帝楽器」で制作されたものです。創立者の旺盛さんは生粋の職人で中国馬頭琴協会の常務理事にも選任されています。楽器の監修は旺盛さんと昔から親交がある人間国宝のチ・ボラグさんがされています。

こちらの高級タイプは、共鳴箱のつくりが従来のタイプと異なりヴァイオリン・チェロの形から学んで設計された新型です。
また、高級タイプとも違い、より一層西洋楽器に近い形になりました。木材も最高級の楓木花料と白松をつかっており旺盛のこだわりを詰めたこちらの楽器はどのポジションでもベストな音を奏でます。中国プロの演奏家たちにも愛用されているこのタイプは自信をもってすべての馬頭琴愛好家にお勧めできます。
セットにはケース、弓、松脂と教則DVDが付属してますので、お手元に届き次第すぐに練習を始めることができます。

材質:
楓(かえで)木花料、白松

セット内容:
1.専用ケース
2.高級馬頭琴用弓・2本
3.松脂
4.教則DVD
販売価格 258,000円(税23,455円)
購入数


おすすめ商品


陸林生旧料老紅木

270,001円(税24,546円)


Top